ワインの小売販売は東京半蔵門、麹町の酒屋の相模屋平助商店にお任せください。

明治十八年創業 相模屋平助商店

  • 日本語
  • English
  • お問い合わせ
  • こだわり
  • 取扱商品
  • 相模屋のカウンター
  • 店舗案内
  • ホーム

お知らせ

取扱商品

ホーム >> 取扱商品一覧|ワイン

  • 日本酒
  • 焼酎
  • ワイン
  • ハードリカー
  • ビール
  • その他

ワイン

  • あれこれ思うこと ローヌワイン編
    あれこれ思うこと ローヌワイン編
     あれこれ思うこと ローヌワイン編

     私、平助が仏ワインを大好きなことは皆さんご存知のことと思います。でも、正直なところどうしてもローヌは力強いと感じ、自分が元気のいい時にしか飲めなかったというのが本当のところでした。

     でも今回、ローヌワインに関しとっても嬉しい再認識がありました。

     その喜ばしい再認識をもたらしてくれたのがM.シャプティエのワインです。ローヌワインに対する再認識というよりはM.シャプティエの造るワインに対する再認識なのかもしれません。ワイン愛飲家の方であれば彼のワイン造りに対する謙虚な姿勢、環境に配慮したビオディナミ農法やSDGsの先駆者としての取り組みはご存知かと思います。彼にとっては環境配慮やSDGsはずっと以前から当然のことなんです。平助もそれは認識していたのですが、力強さに押されどうも栓を抜くのに躊躇していたローヌワイン。今回、輸入元さんの心温まる貴重なはからいでこうした再認識、再発見をすることができました。環境を十分に配慮してのテイスティングを算段してくださったんです。私が最近、全くシャプティ社のワインと向き合ってこなかったことを憂いてこうした機会をいただきましたこと、心より感謝申し上げます。

     再認識、再発見したこと・・・、ボトルに詰め込まれていたそのワイン達は、優しい舌触り、エレガント、透明感のあるみずみずしい味わい。キラキラと栗色に輝く白ワイン、紫色のヴェルヴェットや褐色のフカフカな絨毯に足を踏み入れたような舌触りの赤ワイン。レモン、アプリコット、オレンジピール、白い花、はちみつ、白胡椒、すみれ、みずみずしいボタニカルな香り。ミルクティー、紅茶、黒砂糖の味わい。どこかしらブルゴーニュワインを彷彿させる時があります。そして、力強いイメージとは反対にミルクティーや黒砂糖のあ深みのある味わいのニュアンスは疲れを癒すような優しさです。「こんなにみずみずしい口当たりだったか?」、「優しさを求めるには10年以上の熟成が必要なのでは?」、「モワット込み上げる強い香りがローヌの特徴だったはず?」。平助さん、相当ローヌワインを飲んでいなかったようで、頭の中は「?????」。でもそれは喜ばしい「!!!!!」へと変化したわけです。

    写真の左から、

    ・M.Chapoutier La Combe Pilate Brut Nature BIO (泡)
    ・M.Chapoutier IGP Coteaux de l’Ardeche Viognier Domaine des Granges de Mirabel BIO
    ・M.Chaputier Condrieu Invitare
    ・M.Chaputier Hermitage Rouge Monier de la Sizeranne
    ・M.Chaputier Hermitage Blanc Chante Alouette

     あれこれ思うこと、人生に音楽と友と美味しいワインがあれば何でも乗り越えられる。いい仕事をした時こそ、涙を流す経験をした時さえ、笑顔が込み上げる瞬間にも自分の横にはこれらがある。

     遠藤さん、山田さん、本当にありがとうございました。
  • Grace Blanc de Blancs 2014 入荷のご案内
     今回グレースワインの「Grace Blanc de Blanc 2014」(品種=シャルドネ、瓶内熟成期間=60か月)を仕入れることが可能となりました。
    この「Grace Blanc de Blanc 2014」のできるまでのグレースワインの栽培醸造責任者の三澤彩奈さんの心の内も踏まえ、彩奈さんが書かれたちょっとしたストーリーを皆様にお伝えしたいと思います。
    日本のワインを愛する方々に少しでも造り手の心の内がご理解いただけたら幸いです。

    ・・・・・甲州と向き合う張り詰めた緊張感から離れ、スパークリングも造ってみたいという遊び心から始まったのが「Grace Blanc de Blancs」の始まりです。
    2008年、初めてこのスパークリングを造った時から、熟成に耐えられるような本格的な瓶内二次発酵の泡を造りたいと思っていました。タスマニアやシャンパーニュで研修を重ね、細かくきれいな泡となるように工夫してきた日々は、瓶内二次発酵の神秘に魅せられた楽しい時間でした。その一方で、技術を追求すればするほど、二次発酵をさせる前のベースワインが良いことが何よりも大切であることも感じました。収量を40hl/ha以下に抑え、一本一本手作業でルミアージュとデゴルジュマンを行い、一年、一年と学びながら理想の味わいに近付けていきました。

     そんな折、思いつきからイギリスのワイン雑誌「デキャンタ」が開催するワインコンクールDecanter World Wine Awards 2016に参加したところ、2011年産が96点という高得点を獲得し、スパークリングワインとしてアジア初のプラチナ賞を受賞しました。出品数が世界最大を誇るワインコンクールで、その1%以内に入り、欧州系ブドウ品種による日本ワインがこのコンクールで金賞以上を受賞するのは初めてという快挙に恵まれたのです。
    このとき、今まで気軽な気持ちで造ってきたスパークリングに、「粗野なものを造ることは恥」という責任感が芽生えたのだと思います。2011年産を超えるものを造るため、澱との接触期間を3年としていたスパークリングを5年にすることを決意し、「Grace Extra Brut」から「Grace Blanc de Blancs」に名前も変えました。

     2014年の収獲期は、8月後半から始まりました。2月に二度の降雪を経て160cmもの雪に覆われ、どうなることかと案じたものでしたが、過酷な自然条件を乗り越えたワインは、収穫から6年後に輝きを増したようにすら思われます。2011年の収穫を思い出させる美しい酸と細やかな泡をお楽しみください。
     
            栽培醸造責任者 三澤彩奈

     グレースワインの集大成ともいえるスパークリングワインを心からお楽しみください。
  • 秋の夜長 平助さんの独り言 極めつけのシェリーが飲みたいな〜!
    秋の夜長 平助さんの独り言 極めつけのシェリーが飲みたいな〜!
     スペイン南西部のヘレスを中心に造られるシェリー酒。その最も歴史のあるボデガの一つがバルデスピノ社。王室御用達としてはスペイン最古のボデガと言われています。13世紀からワインづくりを始めて以来、何世代にもわたる家族経営によって育まれた個性と品質。最高級のオリジナリティと呼ぶにふさわしい芳香と味わいを持ち、移り行く時の流れの中でも、変わることはあり得ません。
     ホセ・エステベス社の傘下に入った後も依然として、丁寧な品質管理は変わらず、ますますの人気を高めているブランドです。
     バルデスピノ社では「ティオディエゴ」というシェリーには珍しいあモンティリャードが定番商品ではありますが、今回は「コントラバンディスタ」というアモンティリャードが入荷いたします。「ティオディエゴ」がパロミノ種100%で造られるドライタイプであるのに対し、この「コントラバンディスタ」は5%のペドロヒメネスが加えられることにより、ミディアムタイプのアモンティリャードになっております。ヘーゼルナッツやアーモンドのような香りを持ち、ナチュラルな辛口でとても滑らかなバランスの取れた豊かな味わいです。ペドロヒメネスがまろやかな滑らかな味わいに仕上げています。食前、食中ともに楽しめリッチな味わいのスープやお肉料理にも合います。現地へレスでも人気の「コントラバンディスタ」を是非お楽しみください。

     
  • フロンサックの赤ワイン 今に引き継ぐ繁栄の遺産 Ch.La Brande’95 シャトー ラ・ブランド’95 マグナムボトル限定26本
    フロンサックの赤ワイン 今に引き継ぐ繁栄の遺産 Ch.La Brande’95 シャトー ラ・ブランド’95 マグナムボトル限定26本
    今に引き継ぐ繁栄の遺産
     
     Ch.La Brande '95 シャトー ラ・ブランド’95 マグナムボトル ¥16,200.−(税込み価格)限定26本

     贅を尽くした歌劇場、老舗に囲まれたジロンド広場、小さな路地を挟んで屋台が所狭しと並ぶ港町特有の異国情緒あふれるマルシェ、そして港に隣接する巨大なワイン積み出し倉庫群。18世紀以降、フランス最大の貿易港として空前の繁栄を遂げたボルドーでは、潤沢な資本を背景に、ワイン醸造では、ブドウの品種・土壌の改良や醸造技術革新が進み、品質では世界の頂点に登り詰めていきます。今回は、そんなボルドーの繁栄の伝統の煌めきを受け継ぐシャトーラ・ブランデのマグナムボトル1995年をご紹介いたします。ドルドーニュ河畔でサンテミリオンと並び、12世紀半ばから、銘醸ワインの産地として有名なフロンサック地区に250年続くベホー家では、メルロー85%、カベルネ・フラン15%を混醸し、9か月メディアムローストの樫樽の中で熟成させると、タンニンと酸味は丸みを帯び、黒スグリや葉巻を連想させるブルボディに仕上がります。22年目を迎えた今日、絹のような舌触りが一層の時を経てふわりとした舌触りへと進化しています。ワインの熟成してからの旨味の最高峰に達しています。そんな旨味がわかるのも人間としての熟成を迎えた方に限るのでしょう。

     今回、26本だけ入手することができました。ご希望の方はどうぞお早めにご連絡ください。
  • 相模屋のワイン
    相模屋のワイン
    フランス、イタリア、ドイツ、カリフォルニア、オーストラリアなどなど幅広く取り揃えております。

このページの先頭へ

相模屋平助商店

〒102-0082 東京都千代田区一番町六番地
TEL.03-3261-4467 FAX.03-3261-8966

メールでのお問い合わせ