東京半蔵門、麹町の老舗酒屋相模屋平助商店からのお知らせをご案内。お酒の小売はお任せください。

明治十八年創業 相模屋平助商店

  • 日本語
  • English
  • お問い合わせ
  • こだわり
  • 取扱商品
  • 相模屋のカウンター
  • 店舗案内
  • ホーム

お知らせ

お知らせ

ホーム >> お知らせ

RSS

白百合醸造(ロリアンワイン)、トレフルキッチン、相模屋平助商店 世界を駆け巡る! 於 相模屋平助商店

2017.10.25

白百合醸造(ロリアンワイン)、トレフルキッチン、相模屋平助商店 世界を駆け巡る! 於 相模屋平助商店 皆様、いつも相模屋平助商店をご利用いただき誠にありがとうございます。
千代田区一番町から日本酒、ワインをはじめ様々なお酒を通じて皆様の生活に貢献できるような情報を発信してまいります。嗜好品としてのお酒、たばこ、食品の中には日本と世界の誇り高くゆるぎない文化や伝統が反映されています。素晴らしい方々に素晴らしいお酒と出会っていただく場所がこの相模屋です。
 緑豊かな半蔵門にお出かけの際は是非、私ども相模屋平助商店へお立ち寄りください。心よりお待ちしております。

 去る10月14日(土)、相模屋平助商店でイギリスの方5名、カナダの方2名、日本の方4名をお招きして白百合ワインさんの会を開催させていただきました。この会が開催されるにいたったきっかけは白百合醸造の専務(奥様)が息子さんの圭也くんが小学生の時(?)、親子で留学というテーマでイギリスに行かれたそうです。その時の添乗員の方が今もロンドンにいらしていろんなオーダーメイドの旅を英国の方々にアレンジされていらっしゃいます。そこで、英国の方々からご依頼をいただいたのが今回のテーマ「日本のワインを飲みたい!」とのことでした。60歳になられた仲良し5人組(カップル2組とお1人の男性)が誕生日を兼ねて日本に来ました。ジャンシス・ロビンソンの日本のワインに関する評価を読んでぜひ日本に行った際に日本のワインを飲んでみたいということになったそうです。そこで彼らがパレスホテルに泊まっているので、白百合じょうぞさんも内にお声掛けをしてくださいました。
 白百合醸造さんの造るワイン、とても素直な優しい味わいです。圭也君も昨年の春に農大を卒業し、これから醸造を学ぶために渡仏します。彼が帰ってきてから造るワインにもとても期待を寄せていますが、今現在の石川さん(今回ワインの説明に奥様と一緒に参加してくださりました。)、庄司さんと醸造スタッフの造り出す味わい、いいんですよね。優しい、肩を張らずに飲める、食事に合うワインなんです。チーム白百合の特徴がしっかり出ている気がします。そして、その素敵なワインと一緒に召し上がっていただくお食事をつくってくださったのは恵比寿のトレフルキッチンの主催者、坂部幸先生です。幸先生には個人的にもそして平助さんのメニューのお料理も監修していただいております。彼女の造るお料理はいつも必ず召し上がっていただく方を幸せにしてくれます。今回も期待通り、白百合さんのワインと幸先生のお料理で世界中の方々を幸せにしてくださいました。

 今回のワインとお料理のご紹介

*鯛のタルタル 菊とカボスのジュレとともに
勝沼甲州 2016、甲州樽発酵 2016
見た目にも秋を感じ、味わいにもカボスの穏やかな酸味が講習の優しい苦みにとても会うんです。美しい日本の秋を感じられます。

*ジャガイモのニョッキ スティルトンチーズのクリームソース
シャルドネ 2016

イギリスを代表するブルーチーズ、スティルトン。王室御用達のパクストンウィットフィールドの贅沢なブルーチーズをふんだんに使って欧州品種のシャルドネと頂きました。秋の旨みがチーズからも樽熟シャルドネからも感じられてご満悦!

*和牛のポワレ セミドライトマト味噌のソース
マスカットベリーA 樽熟成 2016
三重奏 2014

和牛の柔らかなイチボをポワレしました。マスカットベリーAという国産品種をソースにふんだんに使用。発酵食品のみそ、ワインが立体的に口の中に広がります。

*デザート エスプレッソのグラニテ
甲州グラッパのマリア―ジュ 
なんて贅沢なデザートなんでしょう。

 そして、今回の参加者の中に10月10日と13日がお誕生日の方がいらっしゃいました。その方々のためにお誕生日のケーキをご用意させていただきました。そして、そして、参加者の中にグルテンフリーの方がいてこれまた幸先生の腕の見せ所、米粉、ココナツ、アーモンドパウダー、豆乳ミルクと秋の果物を使ってとってもとっても美味しくて素敵なケーキを仕上げてくださいました。お誕生日の方々、参加者の皆さん本当に喜んでいただきました。

 こうした素敵な会ができるのも参加者の皆さん、白百合醸造さん、トレフルキッチンの皆さん、平助商店のみんながいるからできるんですね。白百合さんのワイン、幸先生のお料理、平助の空間が世界に向けて羽ばたく時だったと思います。みなさんありがとうございました。そして、相模屋がお酒やワイン、芸術や文化を通じて世界の方々が集える空間にするという私の夢の扉が少しだけ開いたような気がします。もっともっと素敵な企画を造っていきますね。そして次は大好きな大好きなフランスとつながりながらこうした空間を造りたいですね。どうぞ楽しみにしていてください。が〜んばろっと。

バレンシアからエレガントな優しいワインが届きました!ボデガス・エンゲラ

2017.05.14

バレンシアからエレガントな優しいワインが届きました!ボデガス・エンゲラ 皆様、いつも相模屋平助商店をご利用いただき誠にありがとうございます。
千代田区一番町から日本酒、ワインをはじめ様々なお酒を通じて皆様の生活に貢献できるような情報を発信してまいります。嗜好品としてのお酒、たばこ、食品の中には日本と世界の誇り高く揺るぎない文化や伝統が反映されています。素晴らしい方々に素晴らしいお酒と出会って抱く場所がこの相模屋です。
 緑豊かな半蔵門にお出かけの際は是非、私ども相模屋平助商店へお立ち寄りください。心よりお待ちしております。

 とてもとてもエレガントなスペインワインが届きました!
今日、平助さんのところにボデガス・エンゲラのアルバロさんが来てくれました。まずは、ボデガの特徴を書かせていただきますね。

 ボデガス・エンゲラは1999年にペレス・バルト氏により設立されました。バレンシア内の2つのエリア、エンゲラ地区とフォンタナス地区に合計160haを所有。エンゲラ地区ではシラーなどのローヌ品種を、フォンタナス地区ではヴェルディル種やテンプラニーリョ種などのスペイン品種を、すべて有機農法で実践しています。このボデ画の経営にあたっているのはホアン・ラファエル氏。農業を通じ、地域に貢献するとともに世界の美食家に通用するワインづくりを心掛けています。この生産者が手掛けるワインの特徴は、南スペイン特有の強烈な凝縮感はあまり感じられず、むしろ有機農法ならではのエネギッシュな果実刊とエレガントさを感じさせるところにあります。それが実現できるのも、恵まれた地中海の気候(夏は最高気温35度程度、冬は最高気温が16度程度と年間を通して暖かい)、降雨量は東京に比べ1/3程度と非常に降水量が少なく、温暖な感想した気候条件であり2つのエリアの畑の標高は650mから700mと高地であること、石灰質や赤土粘土などを中心とした葡萄栽培に適した土壌であることにあります。

・フィンカ・エンゲラ・ブラン ¥1,598.−(税込み価格)
ヴェルディル種100%
爽やかでありながらとてもエレガントなワインです。シトラスや白い花そしてほんのりと蜂蜜の甘みを帯びた香りが心地よく感じられます。よく冷やして飲んでください。気分がリラックスするとともに思わず微笑んでしますワインです。

・カスティーリョ・デ・エンゲラ・クリアンサ ¥1,598.−(税込み価格)
マナストレル50%、テンプラニィーリョ30%、シラー10%、メルロー10%
クリアンサの軽さがしなやかさとなって表れているワインです。マロラクティックをしていないのですがどことなく乳酸の心地よい味わいを感じるワインです。とってもチャーミングなワインです。

・エンゲラ・レゼルヴァ ¥2,376.−(税込み価格)
テンプラニィーリョ60%、モナストレル25%、シラー15%
樽のニュアンスをほんのりと感じながら上品に葡萄の味わいを表現しているワインです。

 今回は造り手のアルバロ氏が来てくださったのですが、彼にあなたの造る理想のワインを一言で表すどんな言葉になりますか。と聞いたところ「エレガントなワイン」と答えられました。先月いらしたボルドー、コート・ド・ブールのCh.グラーヴ・ド・ヴィオーのフィリップ氏も同じ言葉を選ばれました。今のワインの造りのキーワードは「エレガンス」なのでしょうか。勿論、以前から良質のワインを描写する際に「エレガンス」という言葉はよくつかわれています。その意味の表すところは私なりに考えますところ「しなやかなしなりがある」「主張しすぎない」「葡萄の味わいを自然体に残している」ようなワインだと思いました。主観的な表現ですが、優しくて、自然にもう一口飲みたくなるような、素直なワインだと思います。そんなワインを口にすると、そうなんです、平助さんは思わず微笑んでしまうんです。

 そして、最近のスペインワインは良い意味で古典的なスペインワインと真逆の方向へ行っていますね。アルバロ氏も言っていましたが、トレンドは繰り返すのでどちらがいいとは言えないけれど今はフレッシュさを求める消費者が多いとのことでした。古樽を使った酸化香のするワインは(こちらも個人的にはとっても好きなんです。余韻が長くてゆっくりと夜の更けるのを楽しみながら飲むにはこれが一番!)少数派のようです。

 とっても楽しいですね、ワインも人も毎日変化していることを感じます。そして、アルバロ氏の造るワイン、とても自然体で今日はいい一日になりました。相模屋で上記の3種類取り扱っておりますので、GWをゆっくり過ごされる方、気持ちのいいお昼間に飲んでいただくのもおすすめですよ。

              相模屋平助商店
              千代田区一番町6
              03−3261−4467

フロンサックの赤ワイン 今に引き継ぐ繁栄の遺産。 1995年マグナムボトル Ch. La Brande (シャトー ラ・ブランド)

2017.01.25

フロンサックの赤ワイン 今に引き継ぐ繁栄の遺産。 1995年マグナムボトル Ch. La Brande (シャトー ラ・ブランド) 皆様、いつも相模屋平助商店をご利用いただき誠にありがとうございます。
千代田区一番町から日本酒、ワインをはじめ様々なお酒を通じて皆様の生活に貢献できるような情報を発信してまいります。嗜好品としてのお酒、たばこ、食品の中には日本と世界の誇り高く揺るぎない文化や伝統が反映されています。素晴らしい方々に素晴らしいお酒と出会っていただく場所がこの相模屋です。
 緑豊かな半蔵門にお出かけの際は是非、私ども相模屋平助商店へお立ち寄りください。心よりお待ちしております。

 フロンサックの赤ワイン Ch.La Brande (シャトー ラ ブランド)’95 マグナムボトル 引き継ぐ繁栄の遺産 1.5L ¥16,200.− (税込) 26本限定

 贅を尽くした歌劇場、老舗に囲まれたジロンド広場、小さな路地を挟んで屋台が所狭しと並ぶ港町特有の異国情緒あふれるマルシェ、そして港に隣接する巨大なワイン積み出し倉庫群。18世紀以降、フランス最大の貿易港として空前の繁栄を遂げたボルドーでは、潤沢な資本を背景に、ワイン醸造では、ブドウの品種・土壌の改良や醸造技術革新が進み、品質では世界の頂点に登り詰めていきます。今回は、そんなボルドーの繁栄の伝統の煌めきを受け継ぐシャトーラ・ブランドのマグナムボトル1995年をご紹介いたします。ドルドーニュ河畔でサンテミリオンと並び、12世紀半ばから、銘醸ワインの産地として有名なフロンサック地区に250年続くベホー家では、メルロー85%、カベルネ・フラン15%を混醸し、9か月メディアムローストの樫樽の中で熟成させると、タンニンと酸味は丸みを帯び、黒スグリや葉巻を連想させるブルボディに仕上がります。22年目を迎えた今日、絹のような舌触りが一層の時を経てふわりとした舌触りへと進化しています。ワインの熟成してからの旨味の最高峰に達しています。そんな旨味がわかるのも人間としての熟成を迎えた方に限るのでしょう。

 今回、26本だけ入手することができました。ご希望の方はどうぞお早めにご連絡ください。

               相模屋平助商店 秋山
               千代田区一番町6−8
               03−3261−4467

page top

page top

このページの先頭へ

相模屋平助商店

〒102-0082 東京都千代田区一番町六番地
TEL.03-3261-4467 FAX.03-3261-8966

メールでのお問い合わせ