東京半蔵門、麹町の老舗酒屋相模屋平助商店からのお知らせをご案内。お酒の小売はお任せください。

明治十八年創業 相模屋平助商店

  • 日本語
  • English
  • お問い合わせ
  • こだわり
  • 取扱商品
  • 相模屋のカウンター
  • 店舗案内
  • ホーム

お知らせ

お知らせ

ホーム >> お知らせ

RSS

日本のワインの夜明け ドメーヌ・ヒデ

2020.03.19

日本のワインの夜明け ドメーヌ・ヒデ  皆様、いつも相模屋平助商店をご利用いただき誠にありがとうございます。
 
 千代田区一番町から日本酒、ワインをはじめ様々なお酒を通じて皆様の生活に貢献できるような情報を発信してまいります。嗜好品としてのお酒、たばこ、食品のなかには日本と世界の誇り高くゆるぎない文化や伝統が反映されています。素晴らしい方々に素晴らしいお酒と出会っていただく場所がこの相模屋です。
 緑豊かな半蔵門にお出かけの際は是非、私ども相模屋平助商店へお立ち寄りください。心よりお待ちしております。

******************************************
 コロナウィルスに関しましては、日本一団となって立ち向かってまいりましょう。笑顔と健全な食生活、十分な睡眠をとって免疫力を高め、うがい手洗いを徹底。日本人の清潔感と几帳面な気質で一日も早く通常の生活に日本中が戻ることを相模屋全員願うばかりです。
******************************************
 
 春風そよぐ相模屋のカフェ&バール・カウンター。こんなに気持ちのいい日は、思わず外に出ていきたくなりますね。ミモザが咲く、桜が咲く、それだけではありません、人の心が咲いてきます。
 今日は「日本のワインの夜明け」と題して平助さんが感じたことをつらつらと書かせていただきます。昨年末から日本のワインの人気の底上げを感じました。正直申しまして、カルトワイン的に取り扱われるワインもございます。勿論、価格に味わいが伴っているワインであることが前提、また、熟成による味わい向上への将来的な希望、作り手の情熱への賛美を1本のボトルに見つけだすことはワインを愛する方にとってはこれ以上ない楽しみであると思います。今でも鮮明に覚えています、家業に戻ってすぐに親しくさせていただくようになったワイナリーの奥様が「こんなに雨の多い日本で(=醸造用ブドウに適さない天候)私はどうしてワイナリーにお嫁に来たんだろう。」とおっしゃっていました。それから20余年。その間に日本のワインの味わいは本当に大きく変化したと思います。勿論、向上したわけです。好みもあるでしょう、ご意見もあるでしょう、不可抗力としての地球温暖化もあるでしょう。ただ、私が申したいことは日本人(作り手)の勤勉さがこうした日本のワインの土台の底上げを生み出していることへの敬服の念なんです。酒屋に生まれましたゆえに私の(相模屋の)HPをご覧いただく方は基本的にはワイン好き、日本酒好きの方々が主体だと思います。でも、こうした気持ちは是非とも酒類に携わる方々だけでなく、日本の皆さんにお伝えしたいと思っています。
 具体的には昨年暮、1本¥20,000.−(税込価格、ヴィンテージ2009)近くの日本のワインが売れました。仕入れた当時は「この美味しさがわかってくれなければ誰も買ってくれなくてもいい。」そんなふうに思っていた私です。それが11年たって熟成した今、購入された方へは少しばかりの不安と「素晴らしい味わいになっていること、絶対ですよ!」という期待、自負をもって販売いたしました。
 
 そんななか、久しぶりに山梨のD.ヒデさんからメールがありました。すっかりご無沙汰していた作り手さんのユニークなワイン。少量ずつ3種類仕入れました。春風が吹く中、自然体で楽しめるワイン。皆さんどうぞ独自の美味しさを日本のワインの中に発見してみてください。

 D.ヒデ
*ぷちぷち和三盆Dry 発砲ロゼ・辛口 2019 ¥3,600.−(税込価格)
*ヴィーガン 完全な菜食 2019 ¥6,700.−(税込価格)
*ミズナラロゼ アンジュ 2018 ¥5,500.−(税込価格)

 それぞれのワインの詳細は取扱商品のワインのランで詳しく書かせていただきます。
 また、日本のワイン格別においしい穏やかな価格のものもたくさんあります。是非是非、お試しください。

                相模屋平助商店
                千代田区一番町6
                03−3261−4467

ミモザが告げる春の訪れ ご参加ありがとうございました。

2020.03.01

ミモザが告げる春の訪れ ご参加ありがとうございました。 皆様、いつも相模屋平助商店をご利用いただき誠にありがとうございます。
 
 千代田区一番町から日本酒、ワインをはじめ様々なお酒を通じて皆様の生活に貢献できるような情報を発信してまいります。嗜好品としてのお酒、たばこ、食品のなかには日本と世界の誇り高くゆるぎない文化や伝統が反映されています。素晴らしい方々に素晴らしいお酒と出会っていただく場所がこの相模屋です。
 緑豊かな半蔵門にお出かけの際は是非、私ども相模屋平助商店へお立ち寄りください。心よりお待ちしております。

 すっかり春になりました。2月28日(金)、こうした時期ではありますが昨年から温めてきました「ミモザが告げる春の訪れ」と題しましたJoseph Perrier (ジョセ・フペリエ)のシャンパーニュの会を開催いたしました。ご参加くださいました皆様、ご参加、心より感謝申し上げます。
 お出しいたしましたシャンパーニュとお料理
・カクテル ミモザ Champagne a l'orange
 はまぐりと菜の花のてまり寿司、ミモザ(卵)を添えて
・Cuvee Royal Brut
 前菜の盛り合わせ
・M de Marione D.Charumoise SB 2014
 昆布〆鯛と青菜の酢びたし ディジョンマスタードソースを添えて
・Cuvee Royal Brut Reserva 2008
 和牛のしゃぶしゃぶ 菜の花巻 胡桃と胡麻の味噌で
 ゴーダチーズの焼きおにぎり
・Cuvee Royal Brut Rose
 デザート 金柑とオレンジ リンゴの寒天のポンチ 木の芽を添えて
 
 こんな時期でも、皆さんの笑顔や前向きな言葉が飛び交う貴重な会。この状況を克服したいという気持ちが確認できた時間。JPの味わいとともに心に残る会となりました。本当でしたら、美味しいワインを通じて皆さんに笑顔と豊かな気持ちをお届けできるように努めているのですが、いつもいつも私はこうした会を通じて皆さんから勇気と元気をいただいています。
 難しいことかもしれません、こういう時こそ笑顔で冷静に進んでいきましょう。
 そして、皆さん体を大切に免疫力を高め、ストレスなくお過ごしください。
 最後になりますが、この素晴らしい時間をくれたJPのシャンパーニュが日本において息の長いものとなりますように!

              相模屋平助商店 秋山 青美
                千代田区一番町6
                03−3261−4467

春が届きました! 春酒、大集合。

2020.02.21

春が届きました! 春酒、大集合。 皆様、いつも相模屋平助商店をご利用いただき誠にありがとうございます。
 
 千代田区一番町から日本酒、ワインをはじめ様々なお酒を通じて皆様の生活に貢献できるような情報を発信してまいります。嗜好品としてのお酒、たばこ、食品のなかには日本と世界の誇り高くゆるぎない文化や伝統が反映されています。素晴らしい方々に素晴らしいお酒と出会っていただく場所がこの相模屋です。
 緑豊かな半蔵門にお出かけの際は是非、私ども相模屋平助商店へお立ち寄りください。心よりお待ちしております。

 すっかり小春日和。春、桜、日本酒。
春風のように柔らかな味わい。これからたくさん出てくる滋味豊かな山菜、春の魚、キス、鰆(さわら)などとご一緒に。
 良く寝て、良く食べて、免疫力をしっかりつけてコロナウィルスに負けない日本!
写真は
・大雪渓(長野)¥1,320.−
・伝心(福井)¥1,650.−
・開花宣言(栃木)¥1,265.−
・麒麟山(新潟)¥1,375.−
全て税込価格です。

                  相模屋平助商店
                  千代田区一番町6
                  03−3261−4467

page top

このページの先頭へ

相模屋平助商店

〒102-0082 東京都千代田区一番町六番地
TEL.03-3261-4467 FAX.03-3261-8966

メールでのお問い合わせ