東京半蔵門、麹町の老舗酒屋相模屋平助商店からのお知らせをご案内。お酒の小売はお任せください。

明治十八年創業 相模屋平助商店

  • 日本語
  • English
  • お問い合わせ
  • こだわり
  • 取扱商品
  • 相模屋のカウンター
  • 店舗案内
  • ホーム

お知らせ

お知らせ

ホーム >> お知らせ

RSS

Grace Blanc de Blancs 2014 入荷のご案内

2021.01.14

皆様、いつも相模屋平助商店をご利用いただき誠にありがとうございます。
 
 千代田区一番町から日本酒、ワインをはじめ様々なお酒を通じて皆様の生活に貢献できるような情報を発信してまいります。嗜好品としてのお酒、たばこ、食品のなかには日本と世界の誇り高くゆるぎない文化や伝統が反映されています。素晴らしい方々に素晴らしいお酒と出会っていただく場所がこの相模屋です。
 緑豊かな半蔵門にお出かけの際は是非、私ども相模屋平助商店へお立ち寄りください。心よりお待ちしております。


 今回グレースワインの「Grace Blanc de Blanc 2014」(品種=シャルドネ、瓶内熟成期間=60か月)を仕入れることが可能となりました。
 この「Grace Blanc de Blanc 2014」のできるまでのグレースワインの栽培醸造責任者の三澤彩奈さんの心の内も踏まえ、彩奈さんが書かれたちょっとしたストーリーを皆様にお伝えしたいと思います。
 日本のワインを愛する方々に少しでも造り手の心の内がご理解いただけたら幸いです。

・・・・・甲州と向き合う張り詰めた緊張感から離れ、スパークリングも造ってみたいという遊び心から始まったのが「Grace Blanc de Blancs」の始まりです。
2008年、初めてこのスパークリングを造った時から、熟成に耐えられるような本格的な瓶内二次発酵の泡を造りたいと思っていました。タスマニアやシャンパーニュで研修を重ね、細かくきれいな泡となるように工夫してきた日々は、瓶内二次発酵の神秘に魅せられた楽しい時間でした。その一方で、技術を追求すればするほど、二次発酵をさせる前のベースワインが良いことが何よりも大切であることも感じました。収量を40hl/ha以下に抑え、一本一本手作業でルミアージュとデゴルジュマンを行い、一年、一年と学びながら理想の味わいに近付けていきました。

 そんな折、思いつきからイギリスのワイン雑誌「デキャンタ」が開催するワインコンクールDecanter World Wine Awards 2016に参加したところ、2011年産が96点という高得点を獲得し、スパークリングワインとしてアジア初のプラチナ賞を受賞しました。出品数が世界最大を誇るワインコンクールで、その1%以内に入り、欧州系ブドウ品種による日本ワインがこのコンクールで金賞以上を受賞するのは初めてという快挙に恵まれたのです。
このとき、今まで気軽な気持ちで造ってきたスパークリングに、「粗野なものを造ることは恥」という責任感が芽生えたのだと思います。2011年産を超えるものを造るため、澱との接触期間を3年としていたスパークリングを5年にすることを決意し、「Grace Extra Brut」から「Grace Blanc de Blancs」に名前も変えました。

 2014年の収獲期は、8月後半から始まりました。2月に二度の降雪を経て160cmもの雪に覆われ、どうなることかと案じたものでしたが、過酷な自然条件を乗り越えたワインは、収穫から6年後に輝きを増したようにすら思われます。2011年の収穫を思い出させる美しい酸と細やかな泡をお楽しみください。

      栽培醸造責任者 三澤彩奈

 グレースワインの集大成ともいえるスパークリングワイン、心からお楽しみください。

*当店では未成年者の方へのお酒の販売はしておりません。
*Grace Blanc de Blancs 2014 の入荷は1月中旬となります。少量の入荷ですので、ご利用の方はメールお電話にてご連絡ください。本体価格¥18,000.−(税込み¥19,800.−)
*写真は実物が到着いたしましたら、掲載させていただきます。

              相模屋平助商店
              千代田区一番町6
              03−3261−4467 

緊急事態宣言に伴う営業時間の変更

2021.01.14

緊急事態宣言に伴う営業時間の変更  皆様、いつもご利用誠にありがとうございます。

 感染拡大防止のための緊急事態宣言の要請に伴い、営業時間を以下の通りとさせていただきます。

 1月18日より
 営業時間 8:00〜20:00

 朝の時間を今まで通り8:00に戻しました。

 バールの営業はとりあえず16:00〜となりますが、お酒の提供は19:00までとなります。おつまみは簡単なもののみとなります。今後の状況を見ながら、バールの営業をお休みし、酒類販売のみになるかもしれません。その際には、またこのHPやFBでご連絡させていただきます。
 笑顔で皆さんと安心してお会いできる日が一日も早く来ることを心より祈っております。

 皆様、くれぐれもご自愛ください。

                 相模屋平助商店
                 千代田区一番町6
                 03−3261−4467

立春朝絞りのご案内 栃木県第一酒造 開華

2021.01.08

立春朝絞りのご案内 栃木県第一酒造 開華         立春朝搾りのご案内
       令和三年辛丑(かのとうし)
   純米吟醸無濾過生原酒 720ml 1760.-(税込み価格)

 もうすっかりおなじみになりました、栃木県佐野市、第一酒造の開華の立春朝搾りのご案内です。蔵元が立春の早朝に搾り、瓶詰めし、神様のご祈祷を受けてお届けする願いと祈りが込められた「縁起酒」です。「立春」は旧暦では一年の始まりの日。縁起のいいお酒「立春朝搾り」を通じて、大切な人へ想いを寄せて、新しい時をスタートしましょう。「疫病退散」「無病息災」「家内安全」「商売繁盛」など、みんなの思いが詰まったお酒です。

   <第一酒造開華さんの「立春便り」1月5日号から>
       明治30年以来の2月3日が立春
 仕込み開始創業三四八年をむかえる栃木県の酒蔵「開華」で毎年大好評「立春朝搾り」の仕込みが始まりました。立春は長い冬が終わり、生命が躍動を始める春の始まりの日です。前日の節分の豆まきで邪気を払って迎える、正月同様大切な日とされてきました。今年は百二十四年ぶり(明治30年以来)の二月三日が立春の日となります。
 今月5日には寒の入りを迎え、冬の寒さが一番厳しい時期となり、酒造りに最も適した季節となりました。この最適な時期に醪を仕込み、発酵をしていきます。
蔵人たちは、極上の新酒を造ろうと気持ちを引き締めており、寒の明けとなる立春の朝に味と香りが最高になるよう細心の注意を払ってつくっています。
 
 「立春朝搾り」は、一九九八年に「開華」酒蔵と当日参加した関東地方の酒流通関係者で開始され、その後全国へと広がりました。出荷前には赤城神社の宮司からお祓いを受け、お酒を飲む人と参加者全員の一年間の無病息災、家内安全、商売繁盛、そしてことしは疫病退散も祈願する皆の心が一つとなったお酒です。

  今冬の酒造り
 (栃木県開華さんは)昨季は台風19号被災により二か月以上遅れて始まった酒造りでしたが、今期は予定通りに開始。コロナウイルス感染症の影響で消費量が減少したため、出荷本数の減少、在庫の増加となったため、例年よりも今期仕込み本数は減少となっています。その分、一本一本の仕込みには例年以上に気を使って仕込みが行えています。また、大吟醸、純米大吟醸をはぶく仕込みの麹米を精米55%で統一。表示上は精米65%の純米酒や本醸造にも、この麹米を使うことで高品質化にもみがきをかけています。
  
 昨季から導入した上槽機周辺の低温庫化も、衛生環境の改善となり、品質向上へとつながっています。蔵人一同気を引き締めて新年の酒造りを行っています。

 皆様とそして、皆様のつながりのある方の健康と幸せを祈って召し上がってください。ご予約、心よりお待ちしております。ご予約は、メール電話にても承っております。お気軽にご連絡ください。

*当店では未成年者の方へのお酒の販売はしておりません。
**コロナ感染の状況により、お酒が(取りに行くのではなく)配送されることとなりましたら、皆様へのお届けが1日ずつ後ろ倒し(2月4日)となります。変更がある際はHP、FBにてお知らせいたしますが、くれぐれも状況をご理解いただきますようお願い申し上げます。

               相模屋平助商店
               千代田区一番町6
               03−3261−4467

page top

このページの先頭へ

相模屋平助商店

〒102-0082 東京都千代田区一番町六番地
TEL.03-3261-4467 FAX.03-3261-8966

メールでのお問い合わせ